ネイティブと学べる タイ・チェンマイ英語留学

日本語で文法基礎から学べるタイ・チェンマイ英語留学

   
4日~6ヵ月の英語留学 ホームページはこちらから
    留学 + 滞在サポートなので安心



2020年2月14日金曜日

ウォーキングイベント Written by Kozo

今回は足の骨折も癒え、タク先生がひさびさに参加するチェンマイウォーキングとなった。
参加者もこれまでで最高の14人。団体旅行のようなウォーキングとなった。




14人ともなると、集合写真も大変。まとまるまで時間がかかる。




ようやくまとまる。
ハイ、ポーズ




歩き始まり、始まり。




けれども案の定、団体ウォーキングはいつの間にか3つのグループに分かれていった。




最初のお寺はワットムーングンコーン。日本映画『プール』の舞台になっただけあって、若い生徒さんは「これ、これよ」とはしゃぐ。




なんとニワトリまでもが、歓待してくれた。







ふだんとなんとなく違う気がする。
それもそのはず、今日からま3日間は『仏陀の日』だそうだ。
善男善女がお寺にやってきてお供えをし、拝んでもらう姿があちこちに見られる。


そしてその周りを犬や猫が守っている。

2番目に訪れたのは、厄除けの寺ワットチェンマンである。
この寺もいつになく賑わっている。




私たちもお坊さんに拝んでもらうことにする。




神妙な顔で手首に聖糸を巻いてもらう。




そしてその後仏像の前で合掌。
いいことがありますように。

街中を次のお寺に向かってそぞろ歩きしていると、突然街を練り歩くパレードにぶつかった。






チェンマイのフラワーフェスティバルのパレードだった。




美しい花に人は群がる。




美しいのは花ばかりではない。美しい人にも人は群がる。





クラシックカーもパレードに参加し、美しい車体を披露していた。

ポーと美しい女性たちの笑顔に見とれていると、不意にかわいい笑顔に遮られれる。




この顔どこかて見たことがあるな。
どこだろう?




そうだ。
先ほどのワットムーングンコーンで見た像にそっくりな笑顔だった。

タイ人の笑顔は、男女を問わす本当に美しい、と思う。






チェンマイの美男美女たちに別れを告げ、幸運を呼ぶお寺ワットチャイモンコンに向かう。

ワットチャイモンコンの寺院の中では、善男善女たちがすがるような思いで仏像とお坊さんを拝んでいた。






入れ代わり立ち代わり人の波が続いた。





参詣人の邪魔にならないように、私たちは外に出た。




礼拝堂の入口にあった赤い傘を手にして、静かにポーズをとる。
「幸運がありますように」




皆さん、今日はお疲れさまでした!

2020年1月29日水曜日

ウォーキングイベント Written by Kozo

今日はあざやかなチェンマイ晴れ。
何かいい出会いがありそうな予感がしてくる。
朝8時に集まってきたのは、総勢5人。




とその時「待って~」と言いながら、駆け寄ってきた生徒さんを入れて総勢6人で、いざ出発。




さわやかな朝のひんやりした空気を吸い込んで、足取りも軽くいつものアパートに向かう。
PM 2, 5に備えて、マスクは離せない。




が、いつも通り抜けていたアパートの通路が施錠され、通り抜けられなくなっていた。
そこで迂回して大通りに出て最初のお寺に向かう。

ワットパンサオ





チェンマイラム病院の並びにあるこのお寺は、しずかなお寺らしいお寺だ。
観光客が訪れることもなく、地元の人々の信仰を集めている。
狭い入口をくぐり抜けると、奥には広々とした仏塔が古色蒼然として佇んでいる。





よく手入れされた庭には塵ひとつなく、やさしく微笑む女性的な仏像が私たちを迎える。
ふと見ると、白象の彫刻が運ばれてきている。




ははあ、この庭は確かにちょっと寂しい感じがしなくもなう。親子の白象はその寂しさの癒やしになるかもしれない。
そんなことを思いつつ、ひっそりと静まりかえったお寺を後にする。


次のお寺はワットタップパイ。
厄除けのお寺だ。
礼拝しようと仏像の前にひざまずくと、な、なんと。
お坊さんが1人、まるで私たちの来るのを待っていたかのようにニコにして座っている。
早速全員、手首に聖糸を巻いてもらう。






お得感がじんわりとこみ上げてくる。
今日はきっといいことがあるそうだな。
そんなルンルン気分で歩いていると、な、なんと、またもや「あの人」に遭遇する。




そうです。
旧日本兵コスプレの、あのタイ人です。

旧知の人もいて、日本語で話しがはずむ。
この人、最近日本兵コスプレが有名になってテレビにも出たそうだ。




次々と楽しい出会いを与えてくれる今日のウォーキングに感謝するために、次のワットチェンマンでは全員神妙に礼拝する。

今日ノ良キ日ヲ、アリガトウゴザイマス。





少し歩き疲れたので、『3人の王様の像』でちょっと休憩。




足の疲れが取れた頃を見計らって、4番目のお寺に向かう。

そうです。4番目は、美男の呼び声が高いワットプラッシンの仏像とのご対面です。
この仏像は、はるばるスリランカから困難を乗り越えて運ばれてきた仏像で、チェンマイを代表する仏像です。
4月のソンクラーン❨水掛け祭り❩も、この仏像か街中を練り歩くことから始まります。
憧れの仏像とスリーショット。




 最後に向かったのは、日本のドラマ『プール』でも撮影されたワットムングンコーン寺院。




日本ではあまりお目にかかれない巨大な涅槃像に戸惑いつつ、、、




まずは無事に5つのお寺を歩いてこれた元気を祝って、パチリ。

さて、これからは?

もちろん、おいしい、おいしいサンドイッチが待っています。

まずオーダーをして、テーブルで待つこと、10分。




注文したパンが続々と登場。
待ってました!






日本人の奥さんがタイ人のご主人と作ったパンは、香ばしくボリュームもいっぱい。




パンの写真を撮り終わるや、全員
「いただきま~す」




アッという間に
「ごちそうさま!」

いい日1日が始まった。

朝からお寺巡りをして功徳を積んできたせいか、1日の終わりにもステキなプレゼントが待っていた。

買い物帰りに振り返ると、、、




チェンマイの空が赤赤と燃えていた。